So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 次の10件

dbr-m180 レビュー [dbr-m180 レビュー]

東芝は、地デジ6チャンネル対応の全録機“レグザサーバー”「DBR-M190/M180」について、未確定だった発売日およびスペックの一部を公表しました。

 発売日については、レグザサーバーのDBR-M190が12月22日、DBR-M180が12月10日、に決定しました。


口コミ情報

・タイムシフト機いよいよ登場しましたね。CEVOって開発した人すごいです。
日本は液晶開発で世界に遅れをとっているなんて言われてますが、
日本以外でこんな高機能なモノつくれる国無いですよね。
SPIDERもがんばっていたけど価格勝負になりそうです。

・凄い製品が出ましたね。
スパイダーでは(ネット関連情報検索機能などは別としても)どう頑張っても
追い付かないと思います。
サーバーでありながら、BDレコーダーを積んでしまいましたから、
簡易編集で良いのであれば、カット編集したBDディスクも作れるし、
ディスク化が不要なら(HDDの故障などを考慮しない場合)内臓や
外付けHDDにどんどん保存できちゃうので、まさに「サーバーレコーダー」ですね。
よくぞここまでやってくれました! と拍手もんです。

・年末年始のドラマ、スペシャル番組もぜ~んぶ録画で、見放題ですね!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

arrows x LTE 発売日 [arrows x LTE 発売日]

ドコモ、ARROWS X LTE F-05Dを17日発売 -au ARROWS Zも17日、SBの102SHは16日です!

 NTTドコモは、富士通製のAndroidスマートフォン「ARROWS X LTE F-05D」の発売日を12月17日に決定しました。
 10日より事前予約を受け付けし、17日発売予定としています。

 ARROWS X LTE F-05Dは、ドコモのLTEサービス「Xi」に対応していて、おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信機能といった国内向けの機能を搭載した防水Androidスマートフォンです。
 カメラは裏面照射CMOSセンサーの1,310万画素「Exmor R for Mobile」で、フルHD動画撮影に対応し、DTCP-IP/DLNAにも対応してます。ドコモでは「All in oneハイスペックスマートフォン」と表現していますね。

 auは、富士通東芝モバイルコミュニケーション製の「ARROWS Z ISW11F」を17日に発売決定しました。WiMAXに対応し、4.3型/1,280×720ドット液晶とデュアルコアCPUを搭載したハイスペックモデルです。こちらも、ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信に対応していて、防水仕様となっています。DLNA/DTCP-IPにも対応です。

 ソフトバンクモバイルは、3D対応の4.5型/1,280×720ドット液晶を搭載したシャープ製端末「AQUOS PHONE 102SH」を16日に発売します。1,210万画素裏面照射型CMOSカメラを搭載するほか、IPX5/7相当の防水性能、IPX5相当の防塵性能を実現していて、DLNA/DTCP-IPにも対応しています。


各社arrows続々発売ですね!






タグ:発売日 X LTE arrows
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

富士通 arrows kiss [富士通 arrows kiss]

女性用の携帯電話と称する製品は過去にもあ有りましたが、今回のは、その機能とスペックの点で、ずばぬけて面白いと言えますね。

Fujitsu(富士通)のARROWS Kiss F-03Dは、日本の国内向けプロダクトで、Android 2.3を搭載、狙い所は20歳から30歳までの女性、”エレガントに光り輝くジュエリーディザイン”なんですね。

前部にはいくつかの、”宝石カット”型のボタンがあり、着信によりきらめくのですが、その煌めき方…イルミネーション…のパターンが23通りあります。

また、日本語の文字記号を書きやすくするための、小さなスタイラスも提供されています。

なおかつ、防水ですのでお風呂の中で使ってもOKですね。

フォント、アイコン、壁紙などは利用者が自由に選べます。

画像を自由に飾り付けできる機能、ミスユニバース出場可能ボディーを作るための”体バランスチェック”(そのためのセンサーハードウェアを搭載)

眠りを最適化するためのSukkiri Alarm(すっきりお目覚め)アプリ…睡眠が浅くなったら自動的に起こしてくれるそうですよ!

スペックとしては、3.7インチTFT(480×800)、シングルコアCPU(1.5Ghz)、1GB RAM、8MPカメラ(バック)、1.3MPカメラ(フロント)、microSDHCスロット、Wi-Fi、Bluetooth 2.1+EDR、赤外線、デジタルテレビチューナー、おサイフケータイ、ワイヤレス充電(Qi)をサポート、などなどです。


あれもこれもと、至れり尽くせりの「欲張りスマホ」ですね!








arrows x LTE f-05d 予約開始 [arrows x LTE f-05d 予約開始]

arrows x LTE f-05d 予約開始していますね。

週刊アスキーを読んでいたら、【最新スマホ&タブレット最強決戦】と称してこれから続々と発売される予定のドコモLTE軍団の特集を組んでいたのですが、その中でもXiスマホで唯一の10ミリ切り&全部入りとして華々しく紹介されていたのが、ARROWS X LTE F-05Dです。

Xi対応にHD液晶、デュアルコアCPUといった最新流行を取り入れていて、なおかつワンセグ・おサイフなどのガラケー機能も満載なのだそうです。そのうえ防水防塵対応、しかもクレードル付属ときているので、薄型軽量のスマホながらもまさに完全無敵の盤石携帯といえるでしょうか。

私的には額面通りの活躍が期待できるのであればもちろん購入対象機種となるんですがが、現時点ではその判断を下すのは正直早いかな~っと思います。

それはですね、11月ぐらいから販売動向を追っていると、年内に出るとか出ないとか、いやあの動画レベルだったら年越ししてしっかりしたものを出して欲しいとか、意見も様々の盛況を呈しているので、もうちょっと様子見かな!






arrows es is12f 発売日 [arrows es is12f 発売日]

arrows es is12f 発売日

 KDDIが12月5日、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「ARROWS es IS12F」を発表。1月上旬以降に発売すると発表しました。OSはAndroid 2.3。ボディカラーはルビーレッドとグロスブラックの2色になるそうです。

 ARROWS ESは、厚さわずか6.7ミリのスリムなボディが特長で、防水仕様のスマートフォン。重さは約105グラムという軽量ボディも実現しています。

ディスプレイにはワイドVGA表示(480×800ピクセル)対応の約4.0インチ有機ELを搭載したほか、高強度と高剛性をあわせ持つ「Corning Gorilla Glass」を採用し、薄さ強度を両立させました。

さらに、耐摩耗性に優れた「ウルトラタフガード」塗装も採用しています。

 画質にもこだわり、有機EL用にチューニングした富士通独自の高画質化エンジンを搭載し、写真動画を高画質で楽しめる設計だ。

 チップセットには、1.4GHz駆動のCPUを搭載したMSM8655を採用。バッテリー容量は1400mAh。

富士通が独自に開発した「サクサクタッチパネル」により、ストレスのない高速なタッチ操作が可能である上に。富士通端末ではおなじみの、快適な音声通話をサポートする「スーパーはっきりボイス3」も搭載している。

ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイ、グローバルパスポート(CDMA+GSM)も利用できる。通信サービスについてはWIN HIGH SPEEDに対応していて、下り最大9.2Mbps/上り最大5.5Mbpsの通信が可能ですが、WiMAXは搭載していません。


ドコモ、AU のarrows 発売日延期が続く中、また新たな選択支が増えましたね。







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング
- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。